生活を助けてくれるロボット

テレビがまだ普及していなかった頃の日本では、井戸端でタライを使って洗濯をしていた主婦たちが「自動で洗濯してくれる機械ができたらいいのにね」という冗談を言って笑い合っていたそうだ。
その冗談はほんのわずかの期間に現実となってしまった。洗濯だけでなく、現在の最先端の製品は洗濯物を入れておけば家族ごとに分けて畳んでくれるものまで出てきた。
だから僕の夢もきっともうじき実現すると思う。
それは各家庭に一台、秘書ロボットがつくこと。いや、一人に一台の時代が来るだろう。そうなったら人間の生活は究極的に便利になると思う。
掃除・洗濯・買い物・料理、なんでも疲れ知らずにやってくれる。しかもミスすることもなく完璧な内容でこなしてくれる。
記憶力やリサーチ能力も抜群なので、仕事も手伝ってくれるかもしれない。介護が必要な人には、きめの細かいサービスを24時間提供し続けてくれる。
自分のちょっと先輩の人たちが洗濯機を夢だと思っていたのなら、人はこんなロボットがいる未来は夢にしか思えないのも当然だけど、僕だけはその未来は意外と近いのではと密かに思って楽しみにしている。
切手買取を札幌市で頼むには