発汗を止める手術

発汗を止める手術によって、脇の多汗症を治療するという方法も存在します。脇の多汗症手術にはボトックス注射という美容手術がありますが、

これはあくまでも最終手段です。本当に脇の多汗症手術をする必要があるのか。十分にカウンセリングを受けて、多汗症対策にはどういう対処法が一番あっているかをよく考えてからボトックス注射を受けるべきでしょう。ボトックス注射を受けることで、脇の多汗症を抑えることができます。汗の分泌を抑えるために、筋肉や神経から交感神経に発汗作用を伝える部分をボトックス注射でブロックします。施術時間は20分弱で、汗の出やすい数カ所にボトックスを注射します。極細の注射針を使うので、術後の痛みはほとんどありません。また、切開しないので痕は残りませんし、短時間で済ませることができる点がボトックス治療の長所です。多汗症をボトックスで抑えることはメリットばかりではありません。効果持続期間は数ヶ月から長くて1年ほど、多汗症が完治するわけではないということがボトックス注射のデメリットです。viage ナイトブラ 楽天