父親

あの有名なポルシェ博士について書いて行きます。ポルシェ博士は、父親が営んでいた金属大工の仕事を

手伝っていましたが、父親は家業の後を継いでくれるもんだと期待されていました。しかしポルシェ博士は、電気に興味を持ったようです。そして独学で様々な実験を屋根裏で行うようになったそうです。それをした父親はどうしたでしょうか元は頑なな態度を取ったようです。しかしやがてポルシェ博士の熱意に負けたようで、工業大学の夜間部へ通うことを許可したそうです。それでも、ポルシェ博士のお父さんは金属細工の仕事を継がせたいと思っていましたが、しかし、自宅の仕事場に当時としては珍しかった電灯をポルシェ博士が、取り付けたのを見てついに諦めたそうです。そして後にはウィーンに出ることを許可したそうです。そしてポルシェ博士は1890年にウィーンで電気会社に入社しました。ポルシェ博士は会社の中に置いて非常に努力を払ったそうで、すぐに重要なポストを与えられました。車買取 東大阪