ダイエットのために行う腹筋

腹筋運動といえば、多くの人は一度仰向けに横になり、膝を曲げたり足の部分を固定して動かないようにしてから、上半身を持ち上げるものを思い浮かべるのではないでしょうか?

ダイエットのために腹筋をしているという人の多くも、このスタイルの腹筋運動を行っているのではないでしょうか?ですが、実はこの腹筋は腰に大きな負担をかけてしまう危険性がある方法になっています。ダイエットのために腹筋運動を行う人の多くは、毎日トレーニングを行っていると思います。毎日の積み重ねによって腹筋が鍛えられてダイエットにつながる一方で、腰には大きな負担がかかり、最悪の場合には腰を痛めてしまう危険性があります。

一方で、ヨガのポーズの一つである「プランクポーズ」をとることが、ダイエットのための腹筋としては最適という声があります。プランクポーズはまずうつ伏せの状態から腕を伸ばし、足はつま先立ちで腕立て伏せをする時の体勢を作ります。その後肘をまげて腕の手首から肘までを床に付けた状態にして首から足首までを一直線に保つというものです。全身の筋肉を使い、腹筋も鍛えられるポーズです。ダイエットのための腹筋であれば、このポーズをとることがおすすめです。