user112 のすべての投稿

手話通訳について

手話通訳になりたいあなたが、まず目指さなければまらないことは、聴覚障害者のと手話で十分会話できるようになることです。手話であなたが言いたいことが表現できて、聴覚障害者の手話が理解できるようになって(このことで「手話ができる」といいます)初めて、手話通訳者になるための学習ができるのです。では、「手話ができる」ことと「手話通訳ができる」ことのい違いとはなんでしょうか。手話を使って聞こえない人と会話をするとき、あなたと聞こえない人は手話という一つのことばでやりとえいをします。自分の気持ちを直接相手に伝え、相手の言うことを理解すればよいわけです(二者の関係)。手話通訳では、「聞こえない人と」と「手話できまい期超える人」の間に立って、手話を音声言語へ変換、音声言語をを手話に変換します。このようにふたつのことば(日本語~手話、手話~日本語)をやりとりしながら、聞こえない人と手話のできない聞こえる人とがスムーズにコミュニケーションを図れるようにします。
谷千春の公式サイト