メイクをしたくない大学生の新聞投稿記事を読んで、一部の職種を除いてメイクは人それぞれで良いのではと改めて思いました

2月21日の朝日新聞の投稿欄に、「お化粧は義務なのでしょうか?」という20才の大学生の声が掲載されていました。洗顔後のスキンケアとリップクリーム以外は何もしていないということです。そして、お化粧をする意味がよく分からない…とのことでした。私はこの声を読んで、昔の自分と同じなので苦笑するとともに、投稿する勇気に感心してしまいました。この女性にもしお会いできるのならば、肌のお手入れをしっかりしてずーっとすっぴんでいってね…と声をかけたいところです。
また、こういう女性がひとりいる…ということは、同じような考えの人が陰にたくさんいると推察します。この女性は、顔に無関心なわけではなく、洗顔・スキンケア・リップクリームというキーワードを挙げてくれています。(記事には、髪をとかすことも書いてあります)となると、メイクをして落として…で肌を傷めるよりも、良い洗顔やスキンケアで若いみずみずしい肌を長く保てるようにしていった方が良いのではないかと思いました。口紅は私も苦手で、色がほんのりつくリップクリームが好きなのです。
私もずーっと思っているのが、お化粧をした顔と落とした顔がガラリと変わるのはヘンではないかということです。ただ、加齢とともにシミは気になるものなので、すっぴんの顔とあまりに変わりすぎることのない自然なお手入れだ出来る商品を使いたいと思っています。

グラシュープラスの期間限定セール情報を紹介します!

化粧品に関して、日頃から思っていることなどどんな風にしてあるか使いたい化粧品の種類

ほとんど違いがないかもしれない化粧をするということはいろいろあるとおもうが、違いを思うことによってもそれぞれどんな風にして化粧品を使ってみたいと思うか考えることができると思います。 続きを読む 化粧品に関して、日頃から思っていることなどどんな風にしてあるか使いたい化粧品の種類

ビタミンCをなるべく多めにとればおでこのニキビは予防できる?

おでこのニキビが治りません、だから雑誌で見たビタミンCをなるべく多めにとれば、治るという治療方法を試してみましたが、なかなか治りませんでした。

また、チョコレート類とナッツ類などが、嫌なニキビたちが出来る理由のものと認定されがちなのですけど、直にニキビに影響する食べ物はありません。でも油分の成分を増やしてしまう糖質または動物性脂質を大量に摂取してしまうのは控えた方が良いでしょう。にきびを作らない為の効果がある食事メニューとは、カロリーが低い鶏肉や魚介ベースの美味しいお鍋料理。水溶性ビタミンCの吸収には、出汁もおいしく食べることができるお鍋系が最も有効的でしょうね。水炊きは何と言っても健康的ですし、お肌をきれいにするのみならずダイエットにも効きます。もしも食材の範囲内で摂取することが厳しい栄養が出ている場合は、市販のサプリメントを使用するという方法も考えてみます。日々の食べ物で自分の不足しがちな栄養素を明確にキチンと理解していき、不足している栄養素をサプリで補うことにしてみてください。けれど大前提として食品からの摂取ということが、にきび予防には最高です。

intersystemsconveyors.net/

やっぱりこの季節はイチゴがおいしい

毎年いちご狩りに行くんですが今年はいつも行ってる農園さんが不作のため3月近くまでいちご狩りができないみたいで、、。でもでももうこの日に行くって計画もたててもう頭の中はイチゴで一杯。今年は違う農園さんに浮気することにしてしまいました。初めて行く農園なのでちょっとワクワク。入口で入場料を払うと「ホイップクリームと練乳」の入れ物が渡されました。 続きを読む やっぱりこの季節はイチゴがおいしい